富士山環境研究センター 富士山環境研究センター
お問い合わせ:contact_lab@labfuji.com
about LERMF field of research research achievements link MFRS
Home > 研究内容

研究内容

富士山環境研究センター(LERMF)の研究内容としては富士山頂の旧測候所を利用して行う分野横断的研究を含む。将来的には自然科学・人文社会科学を含む広い環境学研究を行う予定であるが、2020年6月1日現在、観測研究を中心とした第一研究部のみ存在する。
研究分野
第一研究部
大気化学及び大気物理学の分野での研究を行う。主要な研究テーマは富士山測候所を用い、高所および山岳の環境に特有な現象に着目した下記の研究である。
① 微量ガス及び粒子に関する研究
② 大気環境化学に関する研究
③ 雪粒子に関する研究
④ 雷現象に関する研究
⑤ 富士山を中心とした環境変化に関する研究
研究実績
2018年度(1-3月) 2019年度 2020年度(4-12月) 2021年度(未)
 論文(査読あり) 1 2 6
 解説・総説・紀要など 0 1 2
 講演・学会発表 0 5 6
 著書 0 1 0
 各賞受賞 0 0 2
2020年度実績:構成メンバー6名(畠山史郎、土器屋由紀子、廣瀬勝己、安本勝、源泰拓、小山朋子)
2020年度のLERMFメンバーの関係した、① 原著論文、② 総説・解説・紀要、③ 講演・学会発表、④ 各賞受賞を下記に示す。(下線はLERMFメンバーを示す)
① 原著論文(査読あり)
Tomoko Koyama, Takuya Nakanowatari, and Jun Inoue, Information retrieval for Northern Sea Route (NSR) navigation:a statistical approach using the AIS and TOPAZ4 data ,Polar Science, in press, https://doi.org/10.1016/j.polar.2020.100626.
➡ Keisuke Mukai, Masaru Yasumoto, Takayuki Terai Lithium Vapor Chemistry of Hyper-Stoichiometric Lithium Metatitanate Li2.12(2)TiO3+y
JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C 124(20) 10870 - 10877 2020年5月
➡ 山脇拓実、大河内博、山本修司、山之越恵理、島田幸治郎、緒方裕子、勝見尚也、皆巳幸也、加藤俊吾、三浦和彦、戸田敬、和田龍一、竹内政樹、小林拓、土器屋由紀子畠山 史郎、富士山体を用いた夏季自由対流圏における雲水中揮発性有機化合物の観測、大気環境学会誌、55 巻 5 号 p.191-203 (2020) Online ISSN : 2185-4335
Hirose, K., Povinec, P.P., 90Sr and 137Cs as tracers of oceanic eddies in the Sea of Japan/East Sea. J. Environ. Radioact., 216, 106179 (2020)
https://doi.org/10.1016/j.jenvrad.2020.07.106179
➡ Y. Hirayama, A. Okawa, K. Nakamachi, T. Aoyama, Y. Okada, T. Oi, K. Hirose, Y. Kikawada, Estimation of water seepage rate in the active crater lake system of Kusatsu-Shirane volcano, Japan, using FDNPP-derived radioactive cesium as a hydrological tracer. J. Environ. Radioact., 218, 106257 (2020)
https://doi.org/10.1016/j.jenvrad.2020.106257
➡ S.-H. Wang, R.-Y. Hung, N.-H. Lin, Á. Gómez-Losada, J.C.M. Pires, K. Shimada, S. Hatakeyama, A. Takami, Estimation of background PM2.5 concentrations for an air-polluted environment. Atmospheric Research, 231, 104636 (2020)
https://doi.org/10.1016/j.atmosres.2019.104636
K. Hirose, Atmospheric effects of Fukushima nuclear accident: A review from a sight of atmospheric monitoring. J. Environ. Radioact., 208, 106240(2020)
② 総説・解説・紀要など
畠山史郎、大気汚染の化学―光化学オキシダント、PM2.5を中心として、化学と教育、65(5), 208-211、(2020)
Hirose, K., Atmospheric effects of Fukushima nuclear accident: A review from a sight of atmospheric monitoring. J. Environ. Radioact., 208, 106240 (2020)
③ 講演・学会発表
土器屋由紀子 Anthro-pauseにおけるアーティストへの提案、富士の山ビエンナーレ、トークイベント、ゲスト講演(2020年11月22日、Web開催)
講演資料(pdf)
➡ 高橋智樹、加藤俊吾、三浦和彦、大河内博、鴨川仁、土器屋由紀子、荒島謙治、西出葵嘉、尾花文一、富士山頂での火山性ガス越冬モニタリングシステムの構築、第25回大気化学討論会、2020年、11月11-13日(オンライン開催)
➡ 大力充雄、大河内博、中村恵、小川新、田原大祐、竹村尚樹、緒方裕子、勝見尚也 、 皆巳幸也、米持真、三浦和彦、加藤俊吾、小林拓、和田龍一、竹内政樹、戸田敬、鴨川仁、土器屋由紀子、畠山史郎、富士山頂における夏季の自由対流圏雲水化学に関する長期トレンド 日本気象学会2020年秋季大会(オンライン開催) 2020年10月16-22日
安本勝、佐々木一哉、鴨川仁、大胡田智寿、土器屋由紀子、2019年富士山測候所停電時接地線電流、2020年(第38回)電気設備学会全国大会(東京電機大学)、F-11,262-265(2020.8.20-21).
➡ Akira Yamamoto, Masahiro Sato, Yukiko Dokiya, Yoshio Nakayama (山本哲、佐藤政博、土器屋由紀子、中山良夫) On the meteorological observation data by Itaru and Chiyoko Nonaka at the summit of Mt. Fuji in 1895 (野中到・千代子による1895(明治28)年富士山頂気象観測値の検討) JpGU-AGU Joint meeting 2020 (12-16 July, 2020)
Koyama, T., Inoue, J., Nakanowatari, T. (小山朋子、猪上淳、中野渡拓也) Information retrieval for the NSR navigation using the LASSO regression, 第35回北方圏国際シンポジウム「オホーツク海と流氷」、2020年2月17-19日(紋別)
④ 各賞受賞(2件)
廣瀬勝己 令和2年秋、瑞宝小授章 2020年11月3日
土器屋由紀子 日本エアロゾル学会2020年度会長賞「我が国における山岳大気研究の発展に対する貢献」 2020年8月28日
2019年度実績:構成メンバー5名(畠山史郎、土器屋由紀子、廣瀬勝己、安本勝、源泰拓)
2019年度のLERMFメンバーの関係した、① 原著論文、② 総説・解説・紀要、③ 講演・学会発表、④ 著書を下記に示す。(下線はLERMFメンバーを示す)
① 原著論文(査読あり)
➡ Ohtsuka, Y., M. Aoyama, Y. Takaku, Y. Igarashi, M. Hattori, K. Hirose, S. Hisamatsu, 240Pu/239Pu and 242Pu/239Pu atom ratios of Japanese monthly atmospheric deposition samples during 1963-1966.: Sci. Rep., 9, 8105(2019)
Hirose, K., Povinec, P.P., 137Cs and 90Sr in surface waters of the Sea of Japan: Variations and the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident impact. Mar. Poll. Bull., 146, 645-652 (2019)
https://doi.org/10.1016/j.marpolbul.2019.07.024
② 総説・解説・紀要ほか
Shiro Hatakeyama, Yasuhito Igarashi, Johannes Stähelin, Gannet Hallar, Ta-Chih Hsiao, Preface to Special Issue: Atmospheric Chemistry and Physics at Mountain Sites 2017, Aerosol and Air Quality Research, 19: I, (2019), doi: 10.4209/aaqr.2019.06.ACPM
③ 講演・学会発表
安本勝、鴨川仁、佐々木一哉、土器屋由紀子、雷現象により富士山体表面上の接地線に流れる電流、令和2年電気学会全国大会、2020年3月10-13日(東京)
➡ 加藤俊吾、高橋智樹、千島峻、辰巳紘奨、三浦和彦、大河内博、鴨川仁、土器屋由紀子、低消費電力電気化学センサーでの富士山頂における火山性ガスの越冬モニタリング, 2019年大気化学討論会、2019.11.5-7
➡ 宇田颯馬、大河内博、島田幸治郎、米持真一、小林拓、三浦和彦、加藤俊吾、和田龍一、土器屋由紀子畠山史郎、富士山頂における自由対流圏大気ナノ粒子中微量金属元素の観測、第60回大気環境学会年会、2019.9.18-20、府中市
➡ 山脇拓実、大河内博、島田幸次郎、皆巳幸也、三浦和彦、小林拓、戸田敬、米持真一、加藤俊吾、土器屋由紀子、揮発性有機化合物の大気圏動態と航空機および船舶ガスの影響評価(3)、第60回大気環境学会年会、2019.9.18-20、府中市
➡ Mitsuo Dairiki Hiroshi Okochi, Megumi Nakamura, Daisuke Tahara, Naoki Takemura, Takanori Nakano, Kojiro Shimada, Naoya Katumi, Yukiya Minami, Masaki Takeuchi, Kei Toda, Shungo Kato, Ryuichi Wada, Kazuhiko Miura, Shinichi Nonemochi, Shiro Hatakeyama, Yukiko Dokiya, Observation of Cloud Water Chemistry in the Free Troposphere and the Atmospheric Boundary Layer on Mt. Fuji (5) 8th International Conference on Fog, Fog collection and Dew] in Taipei, Taiwan, July 14-19 (2019)
④ 著書
K. Hirose, Late atmospheric effects of a nuclear accident: comparison between the Fukushima Daiichi NPP and Chernobyl accidents. In: Nuclear Emergencies: A Holistic Approach to Preparedness and Response, G. Steinhauser, A. Koizumi, K. Shozugawa Eds., pp. 37-52, Springer 2019
2018年度実績:構成メンバー1名(土器屋由紀子)
2019年度のLERMFメンバーの関係した、① 原著論文を下記に示す。(下線はLERMFメンバーを示す)
① 原著論文(査読あり)
➡ 土井妙子、高木麻衣、田中敦、菅野宗夫、K. Hirose土器屋由紀子、田尾陽一、桝本和義、つくばと飯舘における福島第一原発事故由来の大気中放射性セシウム濃度の変化と高濃度現象の要因、RADIOISOTOPES、68、83-104(2019)
about LERMF field of research research achievements link contact Us
目的と経緯
定款
規程集
メンバー
研究分野
研究分野
研究実績
研究業績
山岳研究拠点
その他研究機関
お問い合わせ
よくある質問